暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2008年10月14日

リハビリ、肥満目的別に 阿波おどり体操新作3種

リハビリ、肥満目的別に 阿波おどり体操新作3種  読売新聞

徳島伝統の阿波おどりを基に、生活習慣の改善に役立つ体操を――と県から求められ、徳島大大学開放実践センターの田中俊夫教授(48)が考案した「阿波おどり体操」。糖尿病などの予防になるだけでなく、健康増進、体力アップにもつながりそうだとわかってきた。田中教授は、同体操をメタボリックシンドローム対策、リハビリ、トレーニングといった目的別に進化させて次々提案している。きょう13日は体育の日。「よしこの」のリズムを聞けば、自然に心躍る阿波おどりの体操で、楽しみながら健康づくりはいかが

◇健康増進  田中教授は9〜10月、同体操の「基本編」(3分半)を教えている人に、イスに座った状態から立ち上がる動きで効果を尋ねるアンケートをした。体操を続けた人ほど反復回数が増え、ひざも強くなったという結果が出た。
 調査は、田中教授が兵庫県洲本市で教えた「阿波おどり体操指導者養成講座」で、40〜70代の受講生39人に、開講した9月12日と、継続的に踊るよう呼びかけて3週間後の10月3日に実施。イスから30秒間に何回立ち上がれるかを測ったうえ、▽ひざが痛い▽元気に気分よく生活できる――など14項目について、5段階で自己評価してもらった。
 その結果、3週間で踊った回数が10回以下の6人には効果が表れなかったが、21回以上踊った24人は、平均22・7回が28・1回にアップ。さらに、初回に「ひざが痛い」とした19人のうち、12人が改善した。
 田中教授は同体操の基本型として、講座で教えた「基本編」のほか、お年寄り向けに、イスに座ったままできる、ゆったりした動きの「シニア編」(3分45秒)を提案。「目的の生活習慣改善だけでなく、日常的に反復、継続すれば、健康増進にも効果が期待できることが分かった」と手応えを感じている。


 ◇応用編

 田中教授は、今年度から3年間、文部科学省から助成金350万円を得て、同体操について▽エネルギー消費量▽体力的効果▽筋電図などを使った筋肉の動き▽新作の考案――を研究。有名連のメンバー、理学療法士、スポーツクラブのインストラクターらの協力でさっそく今秋、体操の進化型「メタボリックシンドローム予防解消編」「リハビリ編」「トレーニング編」の3種類を作った。
 体質を改善する「メタボ編」は、長さが基本編の約5倍の16分間あり、女踊りと男踊りを基本に、前後左右に数歩動いたり、回転やステップをしたりと、桟敷席や舞台で見られる阿波おどりの演出を取り入れ、大きな動きでエネルギーを消費させる。1回で60〜100キロカロリーを消費し、ウオーキング20分間と同じくらいの運動量だという。


 また、介護予防が目的の「リハビリ編」(4分40秒)は、理学療法士が振り付けを担当。ゆったりした阿波おどりのリズムで、腕などの上げ下げを行う。「トレーニング編」(5分)は足腰の筋力強化やバランス感覚の増進が目的。ひざを屈伸するスクワット運動を基本編の2倍取り入れた。8秒間片足で立つ動きもあってバランス感覚も養われる。

メタボ体操


 
寺門琢己の骨盤革命 アンチ・メタボリック 疲れない男の骨盤体操(DVD) ◆20%OFF!

 
グーグー体操

 
1日10分だから手軽にできる!7日間のプログラムでメタボ解消![DVD] メタボ解消!10分間エクサ...

posted by terry at 21:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック