暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2009年03月26日

GABA効果でメタボ予防 二条大麦使いクッキー 足利のロアなど

GABA効果でメタボ予防 二条大麦使いクッキー 足利のロアなど  下野新聞

本県特産の二条大麦を活用したメタボリック症候群予防食品の開発に向け、産学官連携の共同研究に取り組んできた洋菓子販売製造の大麦工房ロア(足利市西砂原後町、浅沼誠司社長、0284・44・1197)などは二十四日までに、第一弾の商品を完成させた。二条大麦に含まれる成分で、メタボリック予防効果があるとされる「GABA」が多く入ったクッキーで、四月一日から県内スーパーなどで販売する。


 地域資源を活用した共同研究を支援する経済産業省の「地域資源活用型研究開発事業」の認定事業で、同社をはじめ、製粉業の笠原産業(足利市福居町、笠原健一社長)、県産業技術センター、県産業振興センター、宇都宮大の五法人で約二年かけて研究してきた。研究開発費は設備費も含め約三千五百万円。


 本県が国内有数の生産地である二条大麦に含まれるGABAは、アミノ酸の一種で、血糖値やコレステロール値を下げる働きがあるとされている。ただ、GABAは高温を加えると分解されてしまうため、今回は、焼き菓子などに加工した場合でも、GABAの含有量が損なわれないような製造技術を共同研究した。


 その結果、焼成温度や焙煎する時間、組み合わせる素材を調整することで、加工後は単に二条大麦のGABAを損なわないことにとどまらず、含有率を二十倍に高めることに成功した。

 第一弾商品は「大麦GABAクッキー」。同社は「二個で発芽玄米を20%混ぜたごはん一膳分のGABAと食物繊維が摂れる」としている。価格は百三十グラム入り六百五十円。初年度の売り上げは約二千万円を目指す。


 今後は、この製造技術を使ったパンやめんなどを商品化していく計画という。


『最高級コラーゲン・雑穀入り豆乳おから美容クッキー』ただのダイエットクッキーだけじゃ美人...

 
豆乳おからカップスフレ スフレを食べてスリム!お腹スッキリ大満足♪ 人気商品の為商品発送...

posted by terry at 17:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック