暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2012年06月07日

驚愕!のキワモノスイーツを食べてみた

驚愕!のキワモノスイーツを食べてみた 日経ウーマン

オムライスといえば……」
 「ケチャップですかね?」
 「カツ丼なら?」
 「七味唐辛子、あと生卵の黄身とかあったら、うれしいかも♪」
 「おいなりさんは……」
 「やっぱり紅しょうがでしょう!」  と、こんな不思議な会話の後に呼ばれる「スイーツの試食会」って、何なんだ???


 頭の中を「???」でいっぱいにしながら、ウーマンオンライン編集部近くの会議室に向かう。今朝は天気予報でも「絶好の半袖日和です」とお墨付きだった晴天なのに、別名「おしおき部屋」と呼ばれる会議室には窓がない。椅子も机もモロに会議室。ここで試食ぅ? 気分全然盛り上がらないんですけど?


 などとブツブツ言っていたら、なにやら「お取り寄せ」っぽいパッケージが次々と運び込まれてきた。


オムレツ大好き男子(つまり、お子ちゃま男子)のハートを鷲掴み!

「まあ、最初は“お手柔らか”なところからいきましょうか?」と、担当N野記者が言いながら出してきたのは、どこから見ても立派な「オムライス」だ。

今、デパ地下のデリから買ってきましたという感じで、黒い皿にのって、透明のプラドームがかぶせてある。黄色い薄焼き卵の上に赤いソース、パラパラとパセリもかかっていて、色どり的にも美しい。


 「あの……今日ってスイーツの試食会だよね?」

 「そうなんです、じゃーんっ!」と、N野がナイフを入れると、中はケチャップご飯とは違う、キレイなピンク色。「これ、オムライス型のイチゴムースなんです!」

そう言われてみれば、底の方にはうっすらとスポンジケーキが。上にかかっているケチャップ風ソースは、よ〜く見るとイチゴのツブツブ。くんくん……イチゴのいい香りもする。


 4つに切り分けてもらったオムライス型いちごムース、まずは薄焼き卵部分を確認。

 「おおおお、普通の薄焼き卵だぁ!」


 せっかく持ってきたんだからと、卵焼きのすみっこの方にケチャップをつけてみる。おお、間違いなくオムライスの味じゃ。じゃぁイチゴムース部分はどうかというと、これがうっとりするくらいフワッフワのいちごムース。薄焼き卵とも、もちろんイチゴソースとも相性抜群だ。


どこかに「難癖つけよう」と必死で探せば「やたらデカい」ということだろうか。なんといってもリアルサイズのオムライス。デザートやおやつに1個完食するには根性のいる大きさだ。


 「これはパーティとかのデザートで“ジャーンッ!”と出すと盛り上がりますね。で、切り分けて食べる。子どもが喜びそう!」


 そうか、そのテがあったか。これはもともとシャレのわかる広島の和菓子屋さん虎屋(もうすぐ創業400年だという老舗)が七五三の「子ども大喜び企画」として作ったもの。それが好評で定番化したのだとか。世の中、オムライス好きって多いからなぁ。


 オムライス好き男子のお誕生日に「じゃあ、オムライス作ってあげよっか?」と食べさせ、食べ終わったところでバースデイケーキがわりにドドーンと出す、という作戦もアリかも。


 虎屋のホームページを見てのけぞった。オムライスなんて序の口、この店「本物そっくりスイーツ」の宝庫なのだ。「うな重そっくりなミルフィーユ」ってのも、かなり気になる。





posted by terry at 09:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック