暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2012年12月26日

ご当地スイーツ初代王者に大竹菓子舗

ご当地スイーツ初代王者に大竹菓子舗 デーリー東北新聞社


7〜11日に埼玉県越谷市で開かれた第1回ご当地スイーツ選手権(ご当地グルメ研究会主催)で、十和田市の大竹菓子舗が同市産米粉を使って新たに作った菓子「青森の魔女のとろ生チーズケーキ」が、来場者の人気投票によりグランプリに輝いた。ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」の、いわばスイーツ版を制した形。米粉を使った菓子作りに情熱を注いできた専務の大竹正貴さんは「これまでの苦労が実った」と喜んでいる。(岩淵修平) 
 選手権には、全国の16店が各地の地場産食材を使った菓子を出品し、来場者の人気投票で順位を競った。5日間の来場者数は約4万8千人に上った。
 大竹菓子舗の新作は小麦粉の代わりに米粉を100%使用し、米粉でクリームのとろみを強調。焼き加減も工夫し、「半熟のような食感」が楽しめる自信作に仕上げた。

新作は会場で3千個以上売れ、現在も店頭で品切れになるほどの人気ぶりという。
 大竹さんは「パンはまだ開発の余地があるが、クリームは米粉を使った方が、よりとろみが出ることが分かってきた。米粉を含めた青森県の素材の良さを認めてもらえた」と手応えを感じている。
 とろ生チーズケーキは、5個入りで900円。問い合わせは大竹菓子舗=電話0176(22)4715=へ。


posted by terry at 08:44| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック