暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2013年05月01日

「オム+カツ」地元の味 市民後押し、人気に火

「オム+カツ」地元の味 市民後押し、人気に火  47ニュース


オムライスに豚カツをのせ、ケチャップベースのソースをかけて味わう福井県越前市のご当地グルメ「ボルガライス」。つい最近まで市民の間でも認知度は低かった。ボルガライスを応援することで地域を盛り上げようと、市民グループが「日本ボルガラー協会」を発足させたことで、にわかに人気に火がついた。

ボルガライスは30年以上前から市内の飲食店で出されるようになったが、名前の由来、発祥の店などは謎のままだ。

 現在、洋食店や喫茶店、そば屋など計19店が提供している。ケチャップがベースのソース、卵の焼き加減などは店ごとのオリジナルで、違った味を楽しめるのも特徴。厚焼き卵とカツを挟んだ「ボルガサンド」など、派生メニューも続々登場している。


同市家久町(いえひさちょう)の洋食店「マイルイ」は、県外客からの要望もあり「マイルイ風ボルガライス」を始めた。地元産の鶏卵や豚肉、福井発祥のコシヒカリといった地元食材にこだわり、オリジナルのケチャップごはんをふわふわの卵で巻くなど、洋食店ならではの味を表現している。

 日本ボルガラー協会は2010年3月に発足した。ボルガライスの提供店舗をホームページで紹介するなどPR活動に余念がない。目をつけた大手コンビニが今年1月から2週間、全国販売したところ、期間中の弁当売り上げで1位に輝いた。

 自ら「ボルガチョフ」と名乗る同協会会長の波多野翼(はたの・つばさ)さん(28)は「協会はあくまでもきっかけづくりで、市民が盛り上げてくれている。越前市に食べにきて、地元の人とふれあいながら味わってほしい」と話している。

posted by terry at 08:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック