暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2016年01月06日

たくさん食べてもOK!“5ファクターダイエット”が凄いらしい



【ダイエット/モデルプレス=1月5日】スリムなのに大食いの女性は1日5食食べているのだとか。その食生活を参考にした「5ファクターダイエット」が現在注目され、多くのハリウッドセレブも実践しているようです。

5ファクターダイエットとは、カンタンにいうと、1日5食食べてダイエットする方法。「ちょっと待って、1日に5食も食べて良いの?」って思いますよね。

しかし、ポイントを押さえることでダイエット効果が生まれるんですよ。

そこで今回は5ファクターダイエットのやり方と成功させる秘訣をご紹介します。

1日5食、決まった時間に食べる

5ファクターダイエットは、毎日出来る限り決まった時間にご飯を食ることが成功の秘訣です。

例えば、朝8時を1回目の食事に設定したら、そこから3時間ごとに間を空けて、5回食事を摂るだけ。

しかし、食事をする時は5回全てを食べるのではなく、これまでの3食の食事量を5回に分け、3食の食事+2度の軽食で食べるイメージで行うようにしてくださいね。

夜は早めに軽く済ませる

1日5食何でも好きなだけ食べていたら、当然ですがダイエットでも何でもありませんよね。

そこで、20時以降は絶対に食べ物を口にしないようにしてくださいね。

しかし、ダイエット中であるにも関わらず、きちんとご飯を食べることができますので、ストレスなく続ける事ができそうですね。

最初の内は、少ないと感じるかもしれませんが、3時間後にはまた食べることが出来ると思えば、我慢できるはずですよ。

良質なものを食べる

ダイエット中は特に栄養が不足してしまいがち。

脂肪分の少ない赤身の肉や魚、大豆などに含まれているタンパク質はは体の組織や筋肉作りに役立ち、野菜などに含まれている食物繊維は食事の栄養を調節する働きを持っています。

ダイエット中は何かを抜き続けるのではなく栄養をとることが大切なようです。

最初の2日間が勝負

たとえ1日に5食も食べることが出来るといっても、急に食事量が減ってしまったことから、慣れるまでが大変です。そのため、最初の2日間は、空腹感との戦いになるでしょう。

しかし、3日目に入ってきますと徐々に慣れていくので、1回の食事量が少なくても、満足できるようになりますよ。

次第にカロリーコントロールもできるようになるので、自然と痩せやすい身体を作り上げることができます。

1日5食のルールは絶対

5ファクターダイエットは、少食で慣れるようになることで、少量の食事でも満足できるようになります。

そうすると、なんとなく3時間経ったけれどご飯は要らないと感じる人も居るかもしれません。

しかし、3時間おきにご飯を食べる事で、血糖値が急激に上がらないようにセーブしているため、たとえお腹が空いていなくても、3時間おきには、何かを口にするようにしましょう。

1日4食に食事量を減らしたからといっても、ダイエット効果が大きくなるわけではありませんよ。

週に1度、何を食べても良い日を作ろう

5ファクターダイエットの嬉しいところは、週に1日は、何を食べてもOKな日があるということです。

しかも、この日に関しましては、面倒なカロリーコントロールの事も考えなくて大丈夫だというのが、嬉しいところですよね。

これなら、ちょっとズボラで、いちいち計算をするのが面倒だっていう女性も、長続きできそうですね。

何時も途中でダイエットを断念してしまう人も、最低でも1週間は続けてみましょう。

いかがでしたか?

今回は5ダイエットのやり方と成功させる秘訣をご紹介しました。

ちょっとした細かいルールはあるものの、1日に5回も食事をしていいダイエットなんて、他にはありませんよね。

今まで無茶な断食などをして、食事制限のダイエットを頑張ってきた人はぜひ、5ファクターダイエットでストレスフリーにスリムを作っていきましょう。

posted by terry at 08:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック