暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2016年10月20日

りゅうちぇるさんがダイエットサポートサプリ「ぱっくん分解酵母」の イメージキャラクター就任式に登場!11月1日(火)よりオンエアされるりゅうちぇるさん出演の新CMもお披露目



当日は「ぱっくん分解酵母」の新CMに出演する人気タレントのりゅうちぇるさんをゲストにお招きして、トークセッションを開催いたしました。

実際に新CMで着用した衣装を身に纏って登場したりゅうちぇるさんは「ぱっくん分解酵母」のイメージキャラクターに就任したことについて感想を聞かれ、「ぱっくん分解酵母」より僕の方が目立ってるんじゃないかな〜、心配〜」とコメントしました。

11月1日(火)よりオンエアされる新CMのお披露目前には「なんだか緊張する〜」と不安げ。しかし、実際にお披露目された後には、「 おもしろ〜い、実際にCMが流れたら絶対見ちゃう!」と自慢げにコメント。 CM撮影時のエピソードを聞かれたりゅうちぇるさんは「 いろいろなおもしろいポーズを取ったりする現場だったので楽しかった!」と語られました。しかし、苦労した点として「笑いすぎてたくさんNGを出しちゃった 」とコメント。衣装については「 青のタイツ以外、靴や靴下、ヘアバンド、リストバンドは自前で、衣装の中にも自分のスタイルを取り入れたの。タイツだったから初めてニップレスもつけたの〜笑」と楽しそうに話され、炭水化物を撃退するポーズをとってくださいました。

また、YouTubeで10月20日(木)より公開されるスペシャル映像もお披露目。CMに使用されないNGカットだと思っていたりゅうちぇるさんは「いろいろ見てるとCM撮影当日のことを思い出してきた!ぱっくんぱっくんポーズもアドリブで遊んでただけだったので、 WEB限定公開することになって嬉しい〜」と驚きの様子。

その後、話題はりゅうちぇるさんのダイエット方法へ。スレンダーなイメージのりゅうちぇるさんですが、「上京してから10kgも太っちゃった、キャー。ナイスボディに戻りたいの」と告白。「ぱっくん分解酵母」を取り入れたダイエットを実施中のりゅうちぇるさんは、 「 炭水化物とケータイは僕にとって必需品!炭水化物を我慢しなくてもいいから、続けられるの。毎日体重計にのっているから分かるけど、体重も減ってきたの」と興奮気味に話されました。

その後、野郎ラーメン三軒茶屋店 平澤店長が会場に駆けつけ、ボリュームたっぷりの「メガ豚野郎ラーメン野菜まし」をご用意し、りゅうちぇるさんの新イメージキャラクター就任を祝福しました。 ダイエット中のりゅうちぇるさんも思わず、「食べたい!ぺこりんとのデートでもよくラーメン食べにいく
の〜」と食欲を抑えられない様子。食べる前に「ぱっくん分解酵母」を摂取したりゅうちぇるさんは、CM同様の「ぱっくんぱっくんポーズ」を決めてから、幸せそうに「メガ豚野郎ラーメン野菜まし」をほおばり、「おいしい〜!ダイエットしてたからしばらく食べてなかったの。ぱっくん分解酵母を食べるだけでおいしいラーメンを罪悪感なしで食べられるなんて幸せ〜」と喜びの声。 りゅうちぇるさんは、「女性にはもちろんおすすめだけど、男性にも僕みたいにぽっこりお腹を気にしている方も多いと思うのでおすすめ!食べる前に飲むだけなのでめんどくさくないし、おいしいものを食べながらダイエットできるから続けられるよ!みんなから愛される商品になってほしいな〜 」とアピールしました。

この度発売する「ぱっくん分解酵母」は、炭水化物(糖質)を食べる分解酵母をタイムカプセル製法で配合し、炭水化物を水や炭酸ガスなどに分解。酵母菌は、たんぱく質(アミノ酸)・ビタミン類・ミネラル類などの豊富な栄養素が含まれている他、ビフィズス菌・乳酸菌などの善玉菌を増やす腸内環境改善などの効果も期待できます。さらに、分解をサポートするだけでなく、「リポサンウルトラ」(キトサン)の力で、脂肪の吸着にも着目しました。

体型を気にされている全ての方に、“思いっきり食べるって幸せ!”と思っていただきたいという考えから「ぱっくん分解酵母」は生まれました。

※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。 健康的なダイエットは、栄養バランスのとれた食事と適度な運動が必要です。

 
posted by terry at 08:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック