暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2018年03月02日

“腹巻”巻くだけダイエット&健康法



お腹が冷えていると、健康面だけでなく、実は太る原因にもなります。内臓が冷えていると、体は内臓を守るために、おなか周りに脂肪を蓄える傾向があるのです。これによって、お腹が出っ張て来てしまうこともあり、スタイルが気になる女性としては、実に残念な結果ですよね。そこでお腹を冷やさないために、手っ取り早く腹巻を巻きましょう。

“冷え”はあらゆる不調の原因になる

体の冷えは、あらゆる不調の原因になりうる怖い存在です。暑いからと言って露出の多い格好でいると、いつの間にか体の芯の部分が冷えてしまっていて、とくに女性は生理時のトラブルなどに発展することが非常に多いので注意が必要。

ローライズのジーンズなどを履くときは、特にお腹が冷えやすいので、意識して冷えを遠ざけるようにしましょう。生理の前後などはとくに、おなか周りのガードは固めて、体調を崩さないようにしていく必要があります。

美容にとって健康は前提条件のようなもの。しっかり冷えを予防しましょう。

とくに“内臓”を冷やさないようにしよう

冷えは首や足元もよくないですが、とくに内臓は体にとって重要な部分ですので、より冷やさないように注意しましょう。内臓が冷えると、脂肪がつきやすくなり、消化不良も起こしやすくなると言われています。そこからあらゆる不調につながっていくのです。

血行も悪くなるため、美容にとってもよいことがありません。そういったことにならないためにも、内臓のガードは徹底しておきましょう。口に入れるものも出来れば注意して、冷たい飲み物のがぶ飲みは控えましょう。夏場でも温かい飲み物で、できれば発酵ドリンクの紅茶などがおすすめです。

内臓を温めて代謝アップ→ダイエットへ

内臓を温めることで、体温をあげやすくなり、代謝アップにつながります。代謝が上がると、体の消費カロリーが増え、ダイエットにもつなげることができるので、まずは、お腹を温めて、体全体のぽかぽか効果を狙いましょう。

代謝を上げるダイエット法は、代謝が上がればそれだけで消費カロリーが増えていく、とっても嬉しいダイエット法です。さらに、体温を上げることは、免疫力の向上にもつながり風邪予防にも効果的と言われています。ぜひ、チャレンジしていきましょう。

内臓を温めるには、手軽な“腹巻”

カラーバリエーション腹巻 (M, 黒) 内臓を温めるには、食べ物で内側から温める方法もありますが、とっても手軽なのが腹巻!腹巻をパッと装着するだけで、お腹の熱を外に逃がさないようにしてくれるので、冷えを防ぐことができます。

腹巻はどんなものでもいいですが、下着と一体型になっているものなども便利です。とにかく手軽にぱっと巻けて、お腹温め効果が高いので、とってもおすすめなアイテムです。

実際に運動をするときも、腹巻をして行った方が、汗が冷えたときなどの急速な冷えを防げますし、腹回りの発汗をうながすことにもつながります。蒸れてかゆくならない程度に、うまく使いこなしましょう。汗を吸ったら取り換えるなどしてもよいでしょう。

“厚手”の腹巻は夜用に、“薄手”の腹巻は昼用に

(トリンプ)Triumphエントリーコレクション 腹巻き付きニットパンツ 1003 2 腹巻にはもこもことした厚手の腹巻と、アウターに響かない薄手の腹巻があります。これは昼夜で使い分けると、うまくお腹温めが実現できるでしょう。

厚手の腹巻は夜寝るときや、外に出ない部屋着用に、薄手の腹巻は外出時に使用するようにするといいでしょう。こうしておけば、外にいるときもお腹を冷やさずに済みますし、朝の冷えでお腹を壊すことも少なくなるかもしれません。腹巻はとっても簡単なので、是非、今日から取り入れてください。

腹巻を持っていないという人は、タオルをお腹まわりに一周させてもOKです。夜寝るときなら、これでも十分効果的ですよ。腹巻がなければ、代わりのタオルで、今すぐお腹温めを実践してください!!まずはちょこっと実践。さっそく始めましょう。

腹巻巻くだけダイエット&健康法で明日の元気!!

腹巻を巻くだけで、ダイエットにも健康にも効果的なら、是非やってみたいですよね。腹巻ダイエットのいいところは、腹巻代だけで済み、コスパがいいこと。そして、健康的なダイエット法ですので、ダイエットによる不調などが起きないことです。

最近冷えを感じている人には特に効果的なダイエット法ですので、是非、実践してみましょうね。腹巻を巻いて、明日も元気!!

 

 
posted by terry at 09:08| 神奈川 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: