暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2019年10月23日

朝食前の運動は脂肪を2倍も燃焼してくれるという研究結果



「朝食前」に運動することは、朝食後に運動するよりも2倍も脂肪を燃焼することが、イギリスのバース大学保健学部に勤めるハビエル・ゴンザレス氏の研究チームによって明らかにされました。これは即座に「体重が2倍減る」と結論づけられるものではありませんが、この発見はインスリンの働きを含めた代謝に関係するものであり、肥満解消の上で重要なカギとなるとのことです。

ゴンザレス氏の研究チームはこの結論を出すまでに2つの実験を行いました。1つは男性被験者に「朝食前にサイクリングをする日」と「コーンフレークとトーストを食べた後にサイクリングをする日」を割り当てるという短期間の実験で、もう1つの実験は30人の男性被験者を「運動前に朝食を食べるグループ」「食べないグループ」にわけ、6週間にわたって経過を観察するという長期間の実験です。

いずれの実験でも、両グループの被験者は同程度に体重を減らし、運動へ適応していきました。一方で、体の中での反応、特にインスリン反応が大きく異なることが示されました。研究によると、6週間の実験で運動前に朝食を食べなかったグループは食事後のインスリン血症レベルが下がり、インスリン感受性が高まったことが示されたとのこと。

また運動前に朝食を食べなかったグループは運動中に炭水化物ではなく脂肪をエネルギーとして消費する傾向にありました。研究者はこれらの効果を「断食効果」によるものとみています。前日に夕食を食べてから被験者は断食状態にあり、インスリンレベルも下がるため、エネルギー源を脂肪に頼ることになるためです。これを同じ反応を利用したダイエット方法に「断続的断食/間欠的断食」と呼ばれるものが存在します。

今回の研究は被験者を男性のみに絞っている点や、実験が小規模だった点に制限が存在します。また、筋トレなどは運動前に何か食べた方が効果的だとされており、全ての運動について今回の研究結果を当てはめることができるわけではありません。

しかし、今回の研究が、朝食前の運動が肥満がもたらす健康への影響を小さくできることを示していることは確か。「多くの運動選手はこの戦略を既に使用しています。また、徒歩や自転車で通勤し、会社についてから朝食を取る人もいますが、これらの人々はすでにこのメリットを利用し運動の効果を最大化しています」とゴンザレス氏は述べました。

posted by terry at 15:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: