暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2020年03月02日

お腹のダイエットには筋トレよりもストレッチ?効果的なポーズをご紹介!



くびれたウエストや凹んだお腹は、いつまでも女子の憧れですよね。

でも、毎日の習慣や年齢によって、くびれたウエストで凹んだお腹を保つのが困難になってきます。

お腹を引き締めるためには、腹筋やエクササイズをしなければいけないと思っていませんか?

確かにそれも効果的なのですが、その前にやることがあるのです!

それは、伸ばして柔軟にすること。

固まってしまっている筋肉を柔軟に伸ばしてから、腹筋やエクササイズをした方が効果的なのです。

逆に、筋肉が固いままでトレーニングをしていても、なかなか効果が出ないかもしれません。

特に、デスクワークが多い、同じ姿勢で過ごすことが多い女子は要注意。

お腹周りの筋肉を柔軟にすれば、動きやすくなるので、それだけでもお腹やせしやすくなります。

それでは、お腹周りの筋肉を柔軟にするポーズの方法を説明していきますね。

まず、うつ伏せになって足も伸ばします。

足の甲はぴったりと床にくっつけて、足の先までピンと伸ばします。

腕は曲げて両肘を床の上に置き、その姿勢のまま、上半身だけを起こして行きます。

ゆっくりと息を吸ってから、次に吐き出す時に、顎と目線を上に向けて、さらにお腹を伸ばしていきます。

この時にお腹に力を入れすぎると、筋肉が柔軟に伸びてくれないので気をつけましょう。

また、息を吐く時に筋肉が緩むので、息を吸うと吐くのタイミングを間違えないようにしましょう。

お腹の筋肉に伸びを感じるところまで伸ばし切ったら、10秒間程度静止します。

その後ゆっくり戻して、一旦力を抜いて、自然呼吸で3分程度休憩します。

休憩後はまた同じように、ストレッチを続けていきましょう。

お腹の前だけではなく、脇を伸ばすストレッチもおすすめです。

脇を伸ばすストレッチは、立った姿勢で行います。

立っている姿勢のまま、両手を頭上で伸ばして手を組みます。

息を大きく吸い込んでから、ゆっくりと吐き出しながら、両手から上半身を右に倒して行きます。

倒し切ったところで脇腹の伸びを感じながら、5秒程度静止します。

反対側も同じように行い、1日5セットほど続けるのがおすすめです。

お腹の前と脇腹を伸ばすだけでも、ウエスト周りの筋肉がかなり柔軟になって、普段からも動きやすくなります。

お腹が本格的に引き締めたいのなら、しばらくストレッチを続けてから、筋トレやエクササイズを行うようにしましょう。

posted by terry at 10:18| 神奈川 ☔| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: