暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2020年03月03日

ウエストを細くするには、足を鍛える!



ウエストを細くするために、腹筋をたくさん行っている方も多いのではないでしょうか?

 もちろんお腹をトレーニングすることも重要ですが、実は重要なのは、脚をトレーニングすることなんです!!

 今回は、脚のトレーニングがウエストを細くするのに効率的な理由や、オススメのトレーニングをご紹介したいと思います!

お腹ではなく、脚を優先的に鍛える!

ウエストを細くするためには、お腹の筋肉の上にのった脂肪を燃焼させる必要があります。

 よく腹筋がないと言われる方がいらっしゃいますが、腹直筋(シックスパックとよく言いますが・・・)は誰でも6つに割れています。もちろんトレーニングすることで、6つそれぞれが大きくなり、見た目も見えやすくなりますが、要は、筋肉の上に脂肪があるか、無いかの違いなんです。

 もちろんお腹のトレーニングも同時に行いますが、まずは、体脂肪を落とすことが重要です。

 下半身の筋肉は全身の半分以上の割合を占めています。食事制限だけでは、体脂肪も落ちますが筋肉も落ちてしまいます。なので、下半身の筋肉をつけ基礎代謝を上げ、痩せやすい体を作る必要があります。

下半身で特に鍛えたい部位が、おしりや太もも。

 正直、個人によって筋肉のつき方が違いますので、必ずというわけではありませんが、一般の方は、お尻をうまく使えていなくて筋肉が衰えている方ほとんどです。これは日本人の骨格的な問題もあるのですが、今回は説明は割愛させていただきます。

 お尻と太もも後を鍛えたいもう一つの理由が、太もも前を普段使いやすく、かつ、筋肉の盛り上がりが見えやすいためです。逆に、太もも後は、あまり目立ちません。お尻に関しては筋肉がついたほうが、引きあがった美尻が手に入ります。

1.スクワット
下半身のトレーニングで必ず行って頂きたいトレーニングです!股関節、膝関節、足関節を同時に動かし、効率良く下半身全体をトレーニングできます。筋トレマシンを使う方は、レッグプレスがこれに当たります。

まずは、物を使わず、自体重でのトレーニングでも十分効果があります。毎日10〜15回を目標に3セット程度行ってみてください。

2.デッドリフト
こちらも下半身では、ポピュラーのトレーニングです。背中からお尻、太ももの後をトレーニングでき下半身をトレーニングするには非常に効率的なトレーニングです。

今回は細かなトレーニングの方法は書きませんが、正確なフォームでトレーニングするように意識しましょう。

3.ブルガリアンスクワット
少し強度は上がりますが、片足を椅子に乗せて行うスクワットです。やり方を間違えると、ケガのリスクや太ももの前ばかりきつくなってしまう場合もあるので注意しましょう。

まとめ
 ウエストを細くするためについついお腹ばかりに気がいってしまいますが、ぜひ脚をトレーニングしてみて下さい!

 脚が太くなる!!と心配される方も多いですが、女性の場合、そもそもホルモンの分泌量の問題でかなりハードにやってもムキムキにはなりません。

 筋肉をつけ痩せやすい体を作ることが、ウエストを細くするいちばんの近道です!

 ぜひぜひ、下半身のトレーニングを積極的に入れてみて下さい!

posted by terry at 10:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: