暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2020年03月19日

7日間集中!体を引き締める「全身痩せ」ダイエット



◆7日間で体を引き締める全身痩せダイエットをご紹介!
体が重く感じた時、あなたは「ダイエットしなきゃ」と思うかもしれません。もしくは、ジーンズをはいた瞬間、以前とは違う違和感を感じ、「引き締めなきゃ」と決心するかもしれません。

しかしながら、決心も一瞬で終わっている人が多いようです。何かを始める時は、思った時がグッドタイミング! そして続けやすく、結果を出せれば、スタートからゴールまでラクラク完走できます。

そこで、たった7日間で確実に効果を出す、全身引き締めエクササイズ・ダイエットをご紹介します。

やり方は簡単ですがポイントがあります。朝、昼、夜それぞれのエクササイズをゆっくり、引き締めたい部位をイメージしながら行って下さい。1つのエクササイズで時間を取られる事はないので、続けやすく、効果を感じやすいと思います。イベントダイエットではなく、いつでも自信のある体づくりに励んでみませんか?

朝:代謝を上げるエクササイズ
目覚めが悪い、午前中ボーっとする人にオススメなのが、全身の代謝をアップするエクササイズです。代謝を上げることで血液循環がよくなり、頭もスッキリし、普段と同じように動いていても脂肪が燃焼しやすい状態をキープできます。

特に、全身の筋肉の70%を占める下半身を中心に、腹筋も刺激するので、引き締め願望の高い、お尻やウエストラインがスッキリしてきます。

◇1 お尻は床に、膝を立て指先は前に向け、お尻から15cmほどの所につけましょう。

◇2 ゆっくりお尻を床から離し、膝の高さでキープしましょう。この時、かかとの真上に膝、手首の真上に肩がくるようにしましょう。

◇3 右脚を前に伸ばしましょう。この時もお尻が落ちないように手の平で床を押し、状態をキープしましょう。

◇4 伸ばした右脚を天井の方へ伸ばします。この時左脚で床を押すようにすると、脚が伸ばしやすくなります。

ゆっくり脚を床ギリギリまで戻し、もう一度脚を天井に伸ばします。この動作を8回を目安に繰り返しましょう。一度お尻を床に戻してから反対側も同様に。

◆昼:むくみを取って、スッキリ脚エクササイズ
デスクワークなど同じ姿勢をとっていると全身の筋肉が硬くなり、血液循環が低下し、むくみやだるさを感じるようになります。この時間は、バランスを取りながら全身の筋力アップを目指し、ポイントでふくらはぎをスッキリさせていきましょう。

◇1 脚は肩幅位に開き、お臍を腰に引き寄せ、かかとから首の後ろまで長く伸びるイメージで姿勢を整えましょう。

◇2 左脚に体重を移動し、右膝裏に手をまわしバランスをキープしましょう。この時、お尻が後ろに落ちないように、お腹からかかとが床に深く沈み、お腹から頭のてっぺんが天井に伸びるようにイメージすると、バランスがとりやすくなります。

◇3 さらに右脚を前に押し出してみましょう。かかとで見えない壁を押すイメージで、足首やふくらはぎを刺激していきます。そのまま8呼吸し、姿勢をキープします。

ゆっくりと脚を床に戻し、反対側も同様に。バランス力がついてきたら、前に伸ばした足首を回したり、つま先を伸ばしてみたりアレンジをプラスしてみましょう。

◆夜:消化や排出促進デトックスエクササイズ
寝る前に一日の疲れを取るには、ねじる動きが効果的です。ねじりは、内臓を刺激し古い血液を流し、消化や排出を促してくれます。その結果、綺麗な血液が全身に流れ、美肌になり、体温が上がるので美容に欠かせない動きです。また、首肩のコリや、腰痛防止にも効果があるので、身体が軽くなり、翌朝スッキリ目覚められる効果も期待できます。

◇ 1 立て膝になり、両手を前に伸ばしましょう。この時、膝の真上に脚の付け根、肩のラインが揃うように姿勢を整えましょう。

◇2 上体をゆっくり右側にねじり、右手で左かかとをタッチしましょう。この時、お尻が後ろに落ちないように、お腹を緩ませないように意識しましょう。

◇3 正面に戻ったら、左側にねじり、左手で右かかとをタッチしましょう。同様の動きを左右8回ずつを目安に繰り返しましょう。

いかがですか? 7日間という期間は人によっては長く感じられるかもしれませんが、このエクササイズを続ける事で、必ず身体に変化を感じられると思います。まずは、動いて! 効果を感じて! エクササイズでボディメイクする楽しさを味わってみてください。

posted by terry at 09:28| 神奈川 | Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: