暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2020年05月28日

ぽっちゃり→ほっそりが叶う。ヘルシーな痩せボディを作る【2大ダイエットルール】って?



単にスリムではなく、理想の程良く筋肉のついたヘルシーで色気を感じる体を作っていくためには適切な食事管理と運動は欠かせません。そこで今回は数々の海外モデルのボディメイクをサポートしてきたトレーナー、デヴィッド・キングスベリー氏が推奨するヘルシーな痩せボディを作る【2大ダイエットルール】をチェックしてみましょう。

(1)食事はタンパク質&脂肪分を各40%。ただし炭水化物は20%以内に抑える

「タンパク質は、ダイエット期間でも脂肪を燃やす筋肉を保つ役割をしてくれます」と語るキングスベリー氏は、鶏肉、スモークサーモン、テンペ、豆類などのヘルシーな食材でたっぷりと良質なタンパク質を摂取することを食事の基本ルールとして推奨しています。

なお、“ダイエットの敵”というイメージもある炭水化物については、エネルギーとして必要なので「全く摂らないのはNG」とのこと。しかしながら「ダイエットのためには炭水化物の摂取量を食事の20%に抑えるのが大事」と摂取量に注意することを勧めています。また、ついつい炭水化物を摂りがちな間食をアボカドやナッツなどのヘルシーな食品に置き換えするのもオススメだそうです。

さらに脂肪は余分な体脂肪の元とイメージしてしまいがちですが「実はそうでない」というのがキングスベリー氏の考え。それどころか「体脂肪を燃やす鍵になるのが脂肪分」ということで、アボカド、エクストラバージンオイル、スモークサーモンなどのヘルシーな食材を摂って、「毎食の40%を脂肪分にするように指導している」と明かしています。ただし、糖分やアルコールについては「糖分は太る元となり、アルコールはお腹(内蔵)のシステムを壊してしまう」そうなので、ダイエット時は極力控えるようにしましょう。

(2)週2回のサーキットトレーニングに週1回の有酸素運動をプラスする

全身を効率良くトレーニングできると人気のサーキットトレーニングは、キングスベリー氏によると1度にエネルギーをたくさん使うことで長時間の脂肪燃焼が期待できることから「毎日行わなくてOK」とのこと。スクワット、腕立て伏せ、ランジなどシンプルなトレーニングを組合せた30分間のトレーニングを週2回行うのがオススメなのだそうです。

た、脂肪燃焼効果を求めるなら、この週2回のサーキットトレーニングに週1回軽めの有酸素運動をプラスさせるのが◎とのこと。ただし、有酸素運動中は一番脂肪燃焼が期待できる「心拍数60〜65%をキープすること」がポイントになります。

この2大ルールを見直すと、「栄養バランスの良い食事を摂って運動は週3回と少なめ」、「NGな食品はアルコールと糖分だけ」と意外とゆるい印象もあります。なお、キングスベリー氏によれば「このルールを8週間実践すると必ず身体は変わる」そう。「これならできそう」と感じた方は、早速取り組んでみてくださいね。

posted by terry at 11:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: