暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2021年01月12日

痩せ体質になる!ダイエットに効果的なサウナの入り方



睡眠の質を改善してくれたり、美肌にも効果的だというサウナ。それ以外にも脳疲労の改善や、集中力のアップなど、メリットは数多くある中で、やっぱり気になるのはダイエットへの効能。

あれだけ汗をかくし、体重は減っている気がするけれど、実際はどうなの?

監修:日本サウナ学会代表理事/慶應義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教/北斗病院腫瘍医学研究所医師 加藤 容崇
1983年、群馬県生まれ。北海道大学医学部医学科卒、医師。 北海道大学医学部に勤務したのちハーバード大学医学部附属病院(Massachusetts General Hospital)癌センターに勤務し膵臓癌の研究に従事。 帰国後、慶応義塾大学医学部腫瘍センター、北斗病院腫瘍医学研究所に勤務し現在に至る。 専門は癌遺伝子検査、病理。日本サウナ学会、日本鍼治療標準化学会の代表理事もつとめ、 健康(疾患の早期発見、予防)に関する研究を第二の専門としている。

サウナに入ると痩せやすい体になるの?
「サウナに入ると、甲状腺ホルモンが増えるので代謝があがり、痩せ体質になります。甲状腺というのは首の前方にある小さな臓器で、主な役割は2つあります。1つは交感神経を活性化すること。もう1つは全身の代謝を活性化することです。そのため、サウナに入ると甲状腺ホルモンが増えることで代謝が上がり、エネルギーを消費しやすい体になるというわけです。また、睡眠の質が上がることで日中の活動量が上がるので、間接的にダイエットにつながることも期待できます」

ただし、本当に痩せるかどうかはサウナ後の行動に依存するとのこと。注意点をみていこう。

食事はサウナ前、サウナ後、どちらにとるべき?
「サウナの前の食事は、絶対にNGです。理由は2つ。1つは、サウナに入ると皮膚に血流が移動するので、血液が消化管の方にいかなくなり、消化不良を起こし気分が悪くなる可能性があるから。もう1つは、前述した甲状腺ホルモンの数値が上がらなくなるためです。

この数値が上がる条件は、ご飯が食べられない状況=飢餓状態の時。サウナ中の『おなかがすいているけど何も食べられない』という状況を、体が認識して甲状腺ホルモンを出すというしくみ。なのでこの時に、エネルギーを補給してしまうと、『甲状腺ホルモンを出す必要がない』と脳が認識してホルモンの分泌をブロックしてしまう。

サウナの前の食事や、サウナ中の糖分のある飲み物(スポーツドリンク)などは、避けた方がいいです」

※低血糖で倒れそうになってしまう人は軽く食べてから入るのがいいとのこと。

落とし穴に要注意。食事内容によっては逆効果にも
「飢餓状態が続いたサウナ後は、食事がおいしく感じられるため、食べ過ぎてしまう傾向があります。また、直後はカロリーの吸収率も上がるので、注意が必要です」

「サウナに入った後は認識機能が上がり、感覚がより敏感になるという研究結果があります。風味を強く感じやすくなるので、カロリーや塩分でごまかさなくとも、旬のものや香りが強いもので十分満足できる状態になっています。個人的には香りがあり、薄味なメニューが多い沖縄料理がおすすめです」

サウナに入ることでむくみもスッキリ!
「サウナは、むくみを取る効果も非常に高いです。むくみの大きな原因の一つとしてあげられるのが、塩分の過剰摂取。体には、体内の塩分濃度を一定に保つという機能があります。そのため塩分を摂りすぎると、体内に水分をため込むことで塩分を薄めようとします。その結果、体がむくんでしまう。しかし、サウナに入ると汗を大量にかくので、体内の水分を減らすことができ、同時に塩分も排出されるので、むくみが取れるというわけです」

posted by terry at 15:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: