暮らしとショッピング







PIZZA-LA <宅配ピザならピザーラ>
日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花

インターネット関連





ダイエットと健康




2012年09月20日

秋の北海道物産と観光展:きょうから、そごう横浜店で /神奈川

秋の北海道物産と観光展:きょうから、そごう横浜店で /神奈川 毎日


北海道国際航空(エア・ドゥ)の客室乗務員、長瀬善美さんと同社のマスコットキャラクター「ベア・ドゥ」が18日、毎日新聞横浜支局を表敬訪問。19日からそごう横浜店(横浜市西区)で開催される「秋の北海道物産と観光展」をPRした。


 同展には、北海道から計約80店が出店し、スイーツや海の幸、の味覚などをそろえる。19日午前10時から会場内の観光コーナーで、先着500人に長瀬さんとベア・ドゥらがオリジナルグッズをプレゼントする。同展は8階催会場で10月1日まで。




posted by terry at 09:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

驚愕!のキワモノスイーツを食べてみた

驚愕!のキワモノスイーツを食べてみた 日経ウーマン

オムライスといえば……」
 「ケチャップですかね?」
 「カツ丼なら?」
 「七味唐辛子、あと生卵の黄身とかあったら、うれしいかも♪」
 「おいなりさんは……」
 「やっぱり紅しょうがでしょう!」  と、こんな不思議な会話の後に呼ばれる「スイーツの試食会」って、何なんだ???


 頭の中を「???」でいっぱいにしながら、ウーマンオンライン編集部近くの会議室に向かう。今朝は天気予報でも「絶好の半袖日和です」とお墨付きだった晴天なのに、別名「おしおき部屋」と呼ばれる会議室には窓がない。椅子も机もモロに会議室。ここで試食ぅ? 気分全然盛り上がらないんですけど?


 などとブツブツ言っていたら、なにやら「お取り寄せ」っぽいパッケージが次々と運び込まれてきた。


オムレツ大好き男子(つまり、お子ちゃま男子)のハートを鷲掴み!

「まあ、最初は“お手柔らか”なところからいきましょうか?」と、担当N野記者が言いながら出してきたのは、どこから見ても立派な「オムライス」だ。

今、デパ地下のデリから買ってきましたという感じで、黒い皿にのって、透明のプラドームがかぶせてある。黄色い薄焼き卵の上に赤いソース、パラパラとパセリもかかっていて、色どり的にも美しい。


 「あの……今日ってスイーツの試食会だよね?」

 「そうなんです、じゃーんっ!」と、N野がナイフを入れると、中はケチャップご飯とは違う、キレイなピンク色。「これ、オムライス型のイチゴムースなんです!」

そう言われてみれば、底の方にはうっすらとスポンジケーキが。上にかかっているケチャップ風ソースは、よ〜く見るとイチゴのツブツブ。くんくん……イチゴのいい香りもする。


 4つに切り分けてもらったオムライス型いちごムース、まずは薄焼き卵部分を確認。

 「おおおお、普通の薄焼き卵だぁ!」


 せっかく持ってきたんだからと、卵焼きのすみっこの方にケチャップをつけてみる。おお、間違いなくオムライスの味じゃ。じゃぁイチゴムース部分はどうかというと、これがうっとりするくらいフワッフワのいちごムース。薄焼き卵とも、もちろんイチゴソースとも相性抜群だ。


どこかに「難癖つけよう」と必死で探せば「やたらデカい」ということだろうか。なんといってもリアルサイズのオムライス。デザートやおやつに1個完食するには根性のいる大きさだ。


 「これはパーティとかのデザートで“ジャーンッ!”と出すと盛り上がりますね。で、切り分けて食べる。子どもが喜びそう!」


 そうか、そのテがあったか。これはもともとシャレのわかる広島の和菓子屋さん虎屋(もうすぐ創業400年だという老舗)が七五三の「子ども大喜び企画」として作ったもの。それが好評で定番化したのだとか。世の中、オムライス好きって多いからなぁ。


 オムライス好き男子のお誕生日に「じゃあ、オムライス作ってあげよっか?」と食べさせ、食べ終わったところでバースデイケーキがわりにドドーンと出す、という作戦もアリかも。


 虎屋のホームページを見てのけぞった。オムライスなんて序の口、この店「本物そっくりスイーツ」の宝庫なのだ。「うな重そっくりなミルフィーユ」ってのも、かなり気になる。





posted by terry at 09:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

究極の久留米ラーメン合作 24、25日に九州B―1フェスタ

究極の久留米ラーメン合作 24、25日に九州B―1フェスタ 読売


B級グルメの神髄見せます――。九州のB級グルメを集めた「九州B―1フェスタin久留米2012」が24、25日、久留米市の中心市街地で開かれる。市内のラーメン店主らが初めて合作した特製豚骨ラーメンが提供される予定。店主らは「究極の久留米ラーメンを楽しんで」と話している。(中村直人)


 店主らは、市内11店でつくる久留米ラーメン会(吉野亮会長)のメンバー。豚骨ラーメン発祥の店とされる1937年創業の老舗「元祖南京千両本家」を始め、各店舗の店主らが協力し、業界と地域の活性化を目的に活動している。


 昨年3月の九州新幹線全線開業記念イベントで出店を計画したが、東日本大震災の発生でイベント自体が中止に。今回、「斬新な企画で久留米から日本を元気にしたい」と特製ラーメンを作ることにした。


 市内の「モヒカンらーめん」「梁山泊」「本田商店」各店のスープをブレンドし、南京千両のちぢれ麺を使用。甘みやコクなど各店の特徴を生かし、久留米豚骨ラーメンの原点でもあるあっさりした味わいにこだわった。


 2月下旬に報道関係者やインターネットのブログに飲食店の感想を書き込む「ブロガー」ら約50人を集めて試食会を開催。ブロガーの40歳代女性は「味がぶつかり合わず、まろやか。ちぢれ麺にもよく絡んでおいしい」と満足そうだった。


 JR久留米駅前で「来福軒」を営む吉野会長(48)は「普段はライバル同士だが、協力して街を盛り上げたい」と意気込んでいる。

 特製ラーメン(500円)は両日とも各700食の限定。同市六ツ門町の久留米六角堂広場で提供される。




posted by terry at 14:39| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

カボチャとクリームチーズのサンドイッチ

カボチャとクリームチーズのサンドイッチ 毎日

ハロウィーンが近づき、街にカボチャがあふれていますね。前回に引き続き、今日はハロウィーンパーティーにもオススメな「カボチャのサンドイッチ」をご紹介します。カボチャの甘みがそのまま生きて、おやつにもなるサンドイッチです。


 この夏、自宅近くの農家でめずらしい光景を目にしました。なんとカボチャが木になっているのです。カボチャは地面に敷かれたわらの上にコロコロと転がっているのが普通の光景です。よく見ると、カボチャはその木の下に植えられていて、ツルをその木にからませ、そこにカボチャができたので、あたかもそこになっているかのように見えていたのでした。「ずいぶん遊び心が旺盛な農家さんだこと」と思いお話をうかがうと「地面をはわせておくと雨水に浸ってすぐに傷んでしまう。こうしてつるしておけば雨が降ってもすぐに乾いて大丈夫!」とのこと。なるほど、いろいろな工夫ができるものだと感心しました。

 それにしても、もっと感心したのはそのカボチャのツルの強さです。およそ1.5〜2kgはあると思われる大きなカボチャがいくつもなっているのです。今にも付け根から切れて落ちてしまうのではないかとハラハラするほどですが、それはまずないとのこと。


 カボチャはビタミンA・E・Cといった抗酸化作用の強いビタミン類のほか、でんぷんやたんぱく質も多く含み、冬至にはカボチャを食べて冬中の健康を願う習慣があるほど栄養価の高い食品です。「なるほど、それだけの強さを秘めている野菜だけある!」と、カボチャの力を再確認しました。

「カボチャとクリームチーズのサンドイッチ」
<材料 1人分> = 1人分 約320kcal =
・サンドイッチ用パン   2枚
・カボチャ        1切れ
・クリームチーズ     30g
・バター         大さじ1/2
・はちみつ        大さじ1/2


<作り方>

1、カボチャは種をとり、薄く切る。
2、8ミリ程度の薄切りにしたカボチャを耐熱皿に並べ、ラップをして電子レンジの「強」で1〜2分ほど加    熱して柔らかくする(硬い場合は丸のままラップをして電子レンジで加熱してから切ってもOK)。
3、その間にパンにバターとはちみつを塗っておく。
4、カボチャが柔らかくなったら少し冷ましてからパンにのせ、その上にクリームチーズをのせる(クリー  ムチーズはソフトタイプなら塗るだけでOK)。
5、もう1枚のパンではさみ、食べやすい大きさに切ってできあがり。
*そのほか、「ハム」や「ベーコン」「ツナ」などを一緒にはさんでもおいしく食べられます。



目指したのは日本人のためのベーグル作り!!パンプキンレーズンベーグル


10月限定ベーグル「キャラメルパンプキン」6個入【お届け期間:10/4-11/4】


ピッツァ スイートパンプキン
posted by terry at 05:22| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする